不動産を取得した時にかかる「不動産取得税」とは? | 満足のいく不動産売却と理想の不動産購入を八戸エリアで仲介しております

不動産を取得した時にかかる「不動産取得税」とは?

query_builder 2021/04/19
ブログ
室内写真

土地・建物などの不動産を取得すると、新たな所有者に対して課される税金「不動産取得税」。

一体どういうものなのでしょうか?

不動産取得税の概要

不動産取得税とはどこに払う税金?

不動産取得税は、不動産の取得者が不動産の所在する都道府県に対して支払う税金です。

税率は全国一律です。

いつ、どのくらいの頻度で納税するの?

不動産を取得した際に1回だけ支払うものです。

不動産取得税の計算方法とは?

標準税率は固定資産税評価額の4%ですが、特例で令和6年3月31日までの取得は

宅地以外の土地、住宅用建物は税率3%になります。

また、宅地等(宅地及び宅地評価された土地)については、

固定資産税評価額1/2の3%という計算になります。

不動産取得税がかからないケースはあるの?

固定資産税同様、免税点があります。

土地:10万円未満

建築(新築、増築、改築):1戸につき23万円未満

建築以外(中古住宅購入など):1戸につき12万円未満


また、宗教法人や学校法人等の用途に使う不動産の取得、

相続による取得、法人の合併等による取得、共有物分割による取得等

非課税の場合がいくつかあります。

NEW

  • はちのへ空き家ずかんで八戸市の不動産売却

    query_builder 2021/06/12
  • 八戸市の不動産売却におけるリフォームとリノベーションの違いとは

    query_builder 2021/06/11
  • 【八戸市】空き家を所有するデメリットとは【不動産売却】

    query_builder 2021/06/10
  • 【自己破産】八戸市での不動産 任意売却とは【離婚】

    query_builder 2021/06/09
  • 八戸市の不動産売却や不動産購入で覚えておきたい「立地適正化計画」

    query_builder 2021/06/08

CATEGORY

ARCHIVE