八戸で中古住宅を売却する場合、解体した方が売れやすい? | 満足のいく不動産売却と理想の不動産購入を八戸エリアで仲介しております

八戸で中古住宅を売却する場合、解体した方が売れやすい?

query_builder 2021/04/21
ブログ
古家の室内

相続などで築年数の経った住宅などを所有することになり

いざ売却を考えた時に、解体して更地にした方が早く売れるのか?

とお考えになる方も少なくありません。

八戸市での不動産の売却を考えた時には、一体どちらが良いのでしょうか。

不動産の立地によって異なる

建物がある方が売れやすい場合

建物外観

極端に建物が傾いていたり、雨漏りやシロアリなどの被害が著しく

建物が明らかに使用できない状態を除き、建物がある方が売れやすいケース

というのもあります。

八戸市で不動産を売却する際には、その物件の所在地が中心市街地から

少し離れた郊外の方にあるようであれば、建物が残っていた方が売れやすい傾向にあります。

理由としては、立地よりも予算ありきで物件を探す方のニーズに合うことが多いからです。

また、市街化調整区域に立地する不動産の場合、建築自体が難しい場所なので建物があると

市街化区域の物件より安価になることが多いので買い手がつきやすいこともあります。

更地の方が売れやすい場合

更地の風景

逆に、更地の方が売れやすいケースというのもあります。

主に八戸の中心市街地や区画整理の行われている場所で見られる傾向ですが

中古住宅の購入より新築をしたいニーズの多いエリアは、更地の方が売れやすいといえます。

程度の良い中古住宅は価格が相応であれば売れますが、新築を考えている方に人気のエリアでは

今ある建物を解体するための期間や費用も考えなければならないため

八戸で不動産の購入を検討している人にとっては、候補としては順位が後回しになりがちです。

まとめ

八戸市で中古住宅の売却をお考えの方は、その不動産の立地が

どういった需要の多いエリアにあるのかを知ることが第一歩かもしれません。

しばらく八戸市を離れていて、地元のことがよくわからないという方も

ご相談は無料ですので、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

NEW

  • はちのへ空き家ずかんで八戸市の不動産売却

    query_builder 2021/06/12
  • 八戸市の不動産売却におけるリフォームとリノベーションの違いとは

    query_builder 2021/06/11
  • 【八戸市】空き家を所有するデメリットとは【不動産売却】

    query_builder 2021/06/10
  • 【自己破産】八戸市での不動産 任意売却とは【離婚】

    query_builder 2021/06/09
  • 八戸市の不動産売却や不動産購入で覚えておきたい「立地適正化計画」

    query_builder 2021/06/08

CATEGORY

ARCHIVE