八戸市で不動産売却の際、地番と住居表示はどう見る? | 満足のいく不動産売却と理想の不動産購入を八戸エリアで仲介しております

八戸市で不動産売却の際、地番と住居表示はどう見る?

query_builder 2021/05/19
ブログ
住居表示プレート

八戸市で不動産を売却する際、もしくは購入する際、

地図上で見る不動産の住所の番地と、物件情報や契約書などで見る

所在地の地番が違うことがあります。

その違いとはいったい何なのでしょうか?

所在地(地番)と住所(住居表示)の違い

不動産の所在地(地番)とは、簡単に言うと土地の住所です。

土地には地番という番号が振られていて、例えば「4番1」と

いうような記載になります。


次に、住居表示は建物の住所です。

土地に番号が振られているように、建物にも番号が振られています。

例えば、「4番1号」という表記になり、普段郵便などで使用するのもこちらです。

ただ、土地の地番と違うのは、全ての建物に住居表示があるわけでは

ないということです。


"住居表示未実施"のエリアでは、所在地を普段郵便などでも使用します。

例えば、「4番地1」という表記になります。

これは全ての建物の登記簿にも記載されており、住居表示がある建物でも

所在地は必ずあります。

八戸市の不動産で住居表示があるのは?

八戸市では、目安としては住所が「〇丁目」となっているところが

住居表示のあるエリアという目安になります。

区画整理をされた後に、「大字●●字●●」という住所が

「●●〇丁目」となり、住居表示が実施されたりしますが、

たまに「〇丁目」となっていても住居表示が未実施のエリアもあります。

そんな時は、建物の玄関付近に青い住居表示プレートがあるかどうかを

確認すると、見分ける目安になります。

不動産の売買にどう関係する?

八戸市で不動産の売却や査定を仲介業者に依頼する際、

建物が無く土地だけの状態ですと「地番」から場所を特定します。

一般的な地図には通常地番の記載はありませんが、専門業者は

おおよそ地番が記載されている地図を持っています。


では、以前に建物が建っていた時の住所(住居表示)はわかるけど

地番がわからない…という時は何を見ればいいのかというと、

毎年所有者に届く固定資産税通知書の不動産一覧に記載されています。

しかし、固定資産税も発生していない土地の場合もあります。

その時は、市役所で所有者個人の「資産証明書」を出してもらうと

八戸市で所有しているすべての不動産の一覧を見ることができます。


売却や査定の相談をなさる際には、事前に地番を確認すると

スムーズです。

NEW

  • はちのへ空き家ずかんで八戸市の不動産売却

    query_builder 2021/06/12
  • 八戸市の不動産売却におけるリフォームとリノベーションの違いとは

    query_builder 2021/06/11
  • 【八戸市】空き家を所有するデメリットとは【不動産売却】

    query_builder 2021/06/10
  • 【自己破産】八戸市での不動産 任意売却とは【離婚】

    query_builder 2021/06/09
  • 八戸市の不動産売却や不動産購入で覚えておきたい「立地適正化計画」

    query_builder 2021/06/08

CATEGORY

ARCHIVE