【八戸市】建蔽率・容積率とは?【不動産売却】 | 満足のいく不動産売却と理想の不動産購入を八戸エリアで仲介しております

【八戸市】建蔽率・容積率とは?【不動産売却】

query_builder 2021/05/20
ブログ
不動産物件概要

八戸市で不動産の売却や購入を検討する際に、不動産の物件概要などで

比較的よく出てくる「建蔽(ぺい)率」や「容積率」。

建築の制限の一つですが、一体どういうものなのでしょうか?

建蔽率とは

不動産の「建蔽率」とは、敷地面積に対する建築面積の割合のことです。

例えば、隣同士の建物の間隔が50cmしか離れていないとしたら
向かい合った窓が近すぎて、気軽にカーテンや窓を開けられなかったり
火災が起こった時に、燃え移る可能性が高く、防火上も安全とは言えません。

そこで、敷地の何%の部分を、建物の建築面積として使用できるのかを
定めたのが「建蔽率」です。

ちなみに建築面積は、わかりやすく言うと建物を真上から見たときの面積です。


「建蔽率」は、都市計画で用途地域ごとに30%~80%の範囲で制限されており
例えば100坪の土地で建ぺい率の制限が80%であれば、
最大80坪の建築面積の建物を建てることができます。


八戸市の不動産では50%~80%の範囲が多いです。

容積率とは

「建蔽率」が敷地面積に対する建築面積の割合のことなのに対し、

「容積率」は、敷地面積に対する建築延べ面積(延べ床)の割合のです。

用途地域ごとに、50%~1300%の範囲で制限が定められています。

例えば、50坪の土地で指定容積率が200%の場合、最大100坪の
延べ床面積の建物(1階50坪、2階50坪のように)を建てることができます。

接道する前面道路の幅員が12m未満の場合は、都市計画で定められた
容積率以下に制限を受ける場合があります。

住居系の用途地域では「道路幅×4/10」の数値、
その他の用途地域(商業系・工業系)では「道路幅×6/10」の数値と、
用途地域ごとに定められている指定容積率を比較して、低い方が原則適用されます。


八戸市の不動産では、80%~400%の範囲が多いです。


理想通りの広さの土地を購入したとしても、理想通りの広さの家を

建てられるとは限らないので、不動産を購入を検討する際も

「建蔽率」と「容積率」は重要なポイントになります。


八戸市で不動産売却をお考えの際も、購入検討者にとって

どのような制限があるのかを知っておくのも良いかもしれません。

NEW

  • はちのへ空き家ずかんで八戸市の不動産売却

    query_builder 2021/06/12
  • 八戸市の不動産売却におけるリフォームとリノベーションの違いとは

    query_builder 2021/06/11
  • 【八戸市】空き家を所有するデメリットとは【不動産売却】

    query_builder 2021/06/10
  • 【自己破産】八戸市での不動産 任意売却とは【離婚】

    query_builder 2021/06/09
  • 八戸市の不動産売却や不動産購入で覚えておきたい「立地適正化計画」

    query_builder 2021/06/08

CATEGORY

ARCHIVE