【不動産購入の注意点!】八戸市で適格者のみ建築可能な土地とは? | 満足のいく不動産売却と理想の不動産購入を八戸エリアで仲介しております

【不動産購入の注意点!】八戸市で適格者のみ建築可能な土地とは?

query_builder 2021/06/07
ブログ
土地の写真

八戸市の不動産で、購入を検討している時に「※適格者のみ建築可」などの

注釈を見かけることがあります。

周辺には住宅が複数建っており、一見ふつうに建築できそうに見えても

このような条件がある場合というのは、どういう土地なのでしょうか。

適格者のみ建築できる場所とは?

女性疑問

周りに家があれば誰でも建てられるというわけではないの?

男性会話

八戸市の土地は、都市計画区域の中の「市街化区域」と「市街化調整区域」という

エリアに分けられます。

「市街化調整区域」は市街化を抑制すべき区域とされていて、条件に合う人以外は原則的に建物を建築できません。

女性疑問逆転

市街化調整区域で建築できる人というのはどんな人?

男性教える

八戸市では、海の近くや山林の近く、田畑が広がるエリアなどが「市街化調整区域」となっている場合が多いです。そして、漁業や林業、農業などを営む人たちの住宅や事業用倉庫などは建築ができるとされています。

女性困る

では「適格者」というと、そういった事業をしていないと建築できないという意味?

男性閃き

そういうわけではありません。八戸市の不動産の場合、八幡や櫛引、根城字大久保などのエリアの市街化調整区域では、職業に関係ない条件があります。たとえば、同一集落に居住実績が一定年数以上あり、八戸市内に他に不動産を所有していないこと、などが挙げられます。

女性綺麗

私は八戸市に不動産を所有していないし、櫛引に住んでいたことがあるから建築可能ってことかな?

男性OK

そこは微妙な問題です。お客様が適格者の条件に該当していても、例えば一緒に暮らすご主人様が八戸市に不動産を所有している場合などは不適格となる可能性があります。なぜなら、市街化区域に不動産を所有しているのならそちらに優先的に建築をしてほしいからなのです。

女性教わる

そんなところまで見られるなんて、結局自分が建築できるかどうかはどうしたらわかるの?

男性OK

人により背景が異なるので、八戸市の場合は市役所に相談をしてみることがおすすめです。検討している土地に自分たちの状況で建築が可能かどうかを審査してもらう必要があります。

女性疑問

市街化調整区域に建築している家の人たちは、みんな審査を通った人たちなんだね!

男性教える

昭和42年頃に、都市計画区域の線引きがされる以前から家を建てて暮らしていた人たちはその限りではありません。家が古くなっても、同じ居住用としての建物であれば建て替えが可能です。そのため、市街化調整区域の住宅街は昔から代々住んでいる集落ということも考えられます。

NEW

  • はちのへ空き家ずかんで八戸市の不動産売却

    query_builder 2021/06/12
  • 八戸市の不動産売却におけるリフォームとリノベーションの違いとは

    query_builder 2021/06/11
  • 【八戸市】空き家を所有するデメリットとは【不動産売却】

    query_builder 2021/06/10
  • 【自己破産】八戸市での不動産 任意売却とは【離婚】

    query_builder 2021/06/09
  • 八戸市の不動産売却や不動産購入で覚えておきたい「立地適正化計画」

    query_builder 2021/06/08

CATEGORY

ARCHIVE