八戸市で北向きの不動産売却のメリット・デメリットとは? | 満足のいく不動産売却と理想の不動産購入を八戸エリアで仲介しております

八戸市で北向きの不動産売却のメリット・デメリットとは?

query_builder 2021/07/27
ブログ
土地の写真

日本では一般的に、住宅向けの土地は南向きが良いと言われており、

八戸市での不動産売却においても方位によって土地の価格が違うケースも

珍しくはありません。


日当たりを理由に、北向きより南向きと考える方が多いようですが、

北向きでも建物の配置や窓の配置によって明るさを取り入れることは可能ですし

南向きの土地で南側にリビングを配置しても、視線が気になり窓はカーテンを

閉めがちということになるケースも実際にはあります。


もちろん、南向きに比べれば日当たりが弱いことから湿気などに気を付けなければ

ならない、などのデメリットがあるかもしれませんが、住宅の性能も向上しているため

新築の場合は特に24時間換気や断熱性能の良さで方角によるメリットデメリットは

そこまで差が無くなってきているともいえるでしょう。


また、共働きで日中はほとんど家におらず、休日も外出が多い場合などは

日当たりが気にならないことも多く、北向きの不動産に価格的メリットを感じるかもしれません。


八戸市での不動産売却においては、方位も多少影響しますが、前面道路の幅や

周辺の住宅密集度合なども検討の段階では重要になります。

ご自身の所有する八戸市の不動産を売却したいとお考えの際は

お気軽にお問い合わせくださいませ。

NEW

  • 南部地方のおやつといえば!こびりっこ

    query_builder 2023/08/01
  • 地耐力について【八戸市の不動産売却】

    query_builder 2023/04/11
  • 庭木や庭石は誰のものかについて【八戸市の不動産売却】

    query_builder 2023/04/10
  • プレハブ物置も建築物の延べ床面積に算入されるか?について【八戸市の不動産売買】

    query_builder 2023/04/08
  • 日影規制は何のためにあるのかについて【八戸市の不動産売買】

    query_builder 2023/04/07

CATEGORY

ARCHIVE