八戸市では自分で不動産売却をすることは可能? | 満足のいく不動産売却と理想の不動産購入を八戸エリアで仲介しております

八戸市では自分で不動産売却をすることは可能?

query_builder 2021/07/30
ブログ
土地の写真

八戸市の不動産を売却したいと考えた時、不動産会社などには依頼せず

自分で現地看板を立てたり知人を介して紹介したり、無料のインターネットサイトを

活用して不動産情報を公開するなどして、自分自身の力で売却をすることは

法律的にいっても可能です。


宅地分譲など、反復継続して不動産売却をする場合は宅地建物取引業の免許が

無いとできませんが、繰り返し売買をするのでなく1度限りということであれば

免許が無くても行うことができます。

自分自身で不動産売却するメリット・デメリット

自分で売却する際のメリット

1、仲介手数料がかからない

  不動産仲介業者に依頼した際に通常発生する手数料がなくなります。


2、自分の希望条件を自分で相手に交渉できる

  値引き交渉なども、自分の耳で聞いて判断し、希望条件を直接話し合えます。


3、民法適用になるため、「売る」「買う」の口約束でも契約が成立する

  契約書の作成がなくても不動産売買できるということです。

自分で不動産売却する際のデメリット

1、取引の流れや法律の確認など、様々なことを自分で調べなければならない

  漏れの無いように調べて準備を進めるのは手間も時間もかかります。


2、買い手が見つけづらい

  八戸市の不動産売却では、問合せ先として個人の電話番号を記載した

  看板が立っているケースも見受けられますが、いつでも連絡に対応できる

ようにしなければチャンスを逃してしまいますし、基本的に「待ち」の態勢に

なってしまいがちです。


2、トラブルが発生しやすい

  伝えなければならないことを伝えていなかったり、境界や瑕疵などについても

  漏れの無いように調査や説明をしていないと、不動産売却の後にトラブルになりかねません。

まとめ

八戸市の不動産売却において、自分自身で売却をするには専門的な知識を

必要とする場面が多い上、トラブルに発展しやすいことが特徴です。


不動産仲介業者に依頼するには仲介手数料が発生する分、プロの仕事をしてもらえる

ということですので、安心して取引ができますし、万が一仲介業者の責任で

トラブルが発生した時にはその不動産会社が属する保証協会に相談することもできます。


また、買主が住宅ローンなどを利用して不動産購入しようとする際には

宅地建物取引業者および宅地建物取引士が作成した重要事項説明書が

必要になります。


どういった方法が一番ご自身の不動産売却に合った形なのか

わからない等ございましたら、お気軽にご相談ください。

NEW

  • 八戸市で境界の合意が取れない場合の不動産売却

    query_builder 2021/09/28
  • 【八戸市】擁壁のある土地の不動産売却

    query_builder 2021/09/27
  • 八戸市で不動産売却する際、整地をするメリット・デメリット

    query_builder 2021/09/25
  • 八戸市で敷地の一部だけ分けて不動産売却したい場合

    query_builder 2021/09/24
  • 【八戸市】住所変更、相続登記の義務化【不動産売却】

    query_builder 2021/09/22

CATEGORY

ARCHIVE