八戸市の不動産売却で値下げ交渉があった場合 | 満足のいく不動産売却と理想の不動産購入を八戸エリアで仲介しております

八戸市の不動産売却で値下げ交渉があった場合

query_builder 2021/10/04
ブログ
土地の写真

八戸市で不動産売却をしていて、購入希望者が現れた際にあり得るのが

『売買価格の交渉』です。

価格交渉があった場合、売主は必ず応じなければならないのでしょうか?

不動産売買価格の交渉への対応

売主は価格交渉に応じなければならないのか?

八戸市での不動産売却において、例えば購入希望者から

「1500万円が1200万円になったら購入する」という話があり

仲介に入っている不動産会社から交渉された場合、売主は必ず応じなければ

ならないということはありません。


不動産売却にあたり、相場等を調べてもらって査定してもらうなどして

売却価格を決めて紹介しているので、売主として相応の価格だから

値下げはしたくないと考えているのであれば、交渉に応じないのも一つです。

価格交渉について検討する場合

八戸市の不動産売却において、少しでも高く売りたいと思うのは

ほとんどの売主様にいえることだと思いますが、かといって価格に固執して

売却までに時間がかかってしまうことを望む方はあまりいないのではないでしょうか。


問合せが多数あり、人気の物件であれば簡単に値下げをしないというのも

不動産売却の戦略の一つですが、そもそも売り出し価格を相場より高めに

設定していた場合や、多少値引きをしても早めに手放したいと考えている場合は

タイミングを逃さないために価格交渉について検討することも大切です。


その場合には、購入希望者がなぜ値引きを求めているのかという理由も

聞いておくと検討がしやすいといえます。

例えば、単純に予算オーバーだという人もいれば、不動産購入後に

土地使用について必要な工事の費用負担分を値引きしてほしいという人もいます。

もし購入後に必要な工事費用は誰が購入してもかかるものだとすれば、

今回の交渉を断って破談になっても次の購入希望者も同じ理由で

価格交渉をしてくる可能性があります。

結果同じことになるのが予想されるのであれば、早めに売却を決めてしまう方が

良いということもあるのです。


また、八戸市の不動産売却では年々地価が下がり続けているところが大半で

時間がたてば相場も変動し、売り出し当初の価格から値下げしないと

売却が難しいというケースもあります。

不動産を手放したいという気持ちが根底にあるのであれば、

欲しいという購入希望者が現れたタイミングを大切にして

自分の希望と折り合いをつける必要があります。

価格交渉があったら希望通りにした方がいい?

では、八戸市の不動産売却において価格交渉があった場合、

相手の希望通りの価格にしてあげた方がいいのかというと

そういうわけではありません。

先述の例でいえば、「1500万円が1200万円になったら購入する」と

交渉が入ったとして、売主としてはいきなり300万円も値引くとなると

相当悩むことになると思います。


買主側としては、いくらでも安く買いたいという気持ちがあります。

そのため、無理を承知で言い値を交渉してくる方もいます。

売主様として、いくらくらいまでなら値下げしてもいい…というラインと

買主側の希望を鑑みて、中間で折り合いをつけるという方法もできます。


価格にはこだわらないから確実に買ってもらえるなら言い値で売る

という売主様も八戸市の不動産売却で実際にいらっしゃいます。

それぞれの事情があるかと存じますので、ご家族などとも話し合って

最終的に結論を出される方がほとんどです。


こういう場合はどうしたらいいのかな…?など、不安に思う点などが

ございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

NEW

  • 八戸市中心部のポータルミュージアム「はっち」がライトアップ!

    query_builder 2021/12/08
  • 【八戸市】法人が売主の場合の不動産売却について

    query_builder 2021/12/07
  • 隣人への不動産売却について【八戸市】

    query_builder 2021/12/06
  • 【八戸市の不動産売却】境界杭が破損している場合について

    query_builder 2021/12/04
  • 【八戸市】増築して建蔽率オーバーしている物件の不動産売却について

    query_builder 2021/12/03

CATEGORY

ARCHIVE