【不動産売却】隣家への電線が上空を通過している土地の売却【八戸市】 | 満足のいく不動産売却と理想の不動産購入を八戸エリアで仲介しております

【不動産売却】隣家への電線が上空を通過している土地の売却【八戸市】

query_builder 2021/10/18
ブログ
電線の写真

八戸市での不動産売却において、告知事項のひとつとして越境物についても

調査を行いますが、土地に定着した建物の一部や植栽だけが越境物とは限りません。

地中の配管や埋設物、上空を通るものも越境がないか確認が必要です。


本日は、上空を通る電線についてのお話をしていきたいと思います。

売買対象となる不動産に引き込まれている電線が上空を通っているのは

問題ありませんが、隣家など、売買物件とは関係のない不動産へ繋がっている

電線が上空を通過している不動産を売却しようとする際には注意が必要です。


通常、他人の土地を通らないようにするのですが、元々一つの土地だったものを

分筆して不動産売却し、結果的に電線が越境する形になった場合など、

様々な事情で越境が生じてしまうことも少なくありません。


不動産購入した方が建替えなどする際には、その越境している電線が

障害となってしまうケースが考えられるため、移設を希望されることがほとんどです。


その場合には、東北電力またはNTTなど、どこの電線なのかを確認し、

不動産仲介業者などから移設を依頼してもらうことも可能です。

移設をするとなっても、売主様や買主様に費用負担が発生することは

ほとんどありません。

ただ、配線の状況などによっては移設する位置などに制約がある可能性も

ありますので、主に不動産購入をされる方にしっかりと確認してもらい

どのような越境解消が可能かをご納得いただいた上で対応するのが

望ましいと言えます。


八戸市で不動産売却をお考えの際には、ご自身の所有する不動産の越境状況

などについても事前にしっかり観察してみましょう。


ご不明な点などございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

NEW

  • 八戸市中心部のポータルミュージアム「はっち」がライトアップ!

    query_builder 2021/12/08
  • 【八戸市】法人が売主の場合の不動産売却について

    query_builder 2021/12/07
  • 隣人への不動産売却について【八戸市】

    query_builder 2021/12/06
  • 【八戸市の不動産売却】境界杭が破損している場合について

    query_builder 2021/12/04
  • 【八戸市】増築して建蔽率オーバーしている物件の不動産売却について

    query_builder 2021/12/03

CATEGORY

ARCHIVE