八戸市の不動産売却と任意売却の違いとは | 満足のいく不動産売却と理想の不動産購入を八戸エリアで仲介しております

八戸市の不動産売却と任意売却の違いとは

query_builder 2021/11/09
ブログ
室内写真

八戸市での不動産売却には、一般的な不動産売却と任意売却があります。

二つの違いについて、解説していきます。

八戸市の不動産売却と任意売却の違い

一般的な不動産売却とは

一般的な「不動産売却」とは、不動産の所有者自身の意思で

売りたいときに売りたい金額で売却するものです。

その売却理由としては、相続、離婚、転勤、新居への移転等

様々な事情が挙げられます。

任意売却とは

任意売却は、不動産所有者の意思で売却するというよりは

住宅ローンの借り入れをしている銀行などの債権者との話し合いで

進められる売却方法です。

というのも、任意売却となる事情は、住宅ローンの返済で滞納が続いていたり

リストラなどの理由で今後の住宅ローンの支払いが継続できそうにない等、

要するに競売になる一歩手前の状態の時に「任意売却」という選択肢が

出てくるのです。

任意売却のメリットとは

八戸市での任意売却は、競売と比較した場合に、不動産売却までに

時間的な余裕があり、売却価格も一般的な不動産売却と同じような

金額で売却できる可能性が高いため、売却後にローン返済がまだ残るとしても

その負担を少しでも減らすことができる不動産売却方法です。


また、任意売却にかかる経費や税金などを売却代金から支払うことが

認められているため、持ち出し資金がかからなくて済みます。


更に、競売になるとローン返済を滞納した事実が公になってしまいますが

任意売却であれば、不動産売却をする理由までは公にはなりません。

任意売却のデメリットとは

八戸市での任意売却のデメリットとしては、手続きを所有者自身が

進めていかなければならないため、不動産仲介会社への依頼や

債権者の同意を得る、引っ越し先を探すなど、やることがたくさんあります。


また、売買代金は手元には残らず、すべてローンの返済や不動産売却の経費に

充てられます。それでも尚、ローンを返しきれず返済が残るケースもあります。


そして、住宅ローン返済を滞納したという事実があるため、

個人信用情報に傷がつく可能性が高いので、今後のお金の借り入れが

難しくなる可能性も高くなります。

不動産の任意売却ができない場合とは

八戸市の不動産売却で、任意売却ができない場合というのがあります。

まず、債権者の同意が得られない場合です。返済能力があると判断されたり

住宅ローン返済が始まってから日が浅い場合などは同意が得られにくいといえます、

また、競売開始決定以降のタイミングでも債権者の同意を得るのが

難しいため、そうなると任意売却はできません。


また、税金を滞納している場合も、滞納分を支払うか、役所と話し合い

折り合いをつけるなど解決をしなければ任意売却には進めません。


八戸市の不動産を所有していて任意売却をお考えの方は

お気軽にご相談くださいませ。相談無料で対応しております。

NEW

  • 八戸市中心部のポータルミュージアム「はっち」がライトアップ!

    query_builder 2021/12/08
  • 【八戸市】法人が売主の場合の不動産売却について

    query_builder 2021/12/07
  • 隣人への不動産売却について【八戸市】

    query_builder 2021/12/06
  • 【八戸市の不動産売却】境界杭が破損している場合について

    query_builder 2021/12/04
  • 【八戸市】増築して建蔽率オーバーしている物件の不動産売却について

    query_builder 2021/12/03

CATEGORY

ARCHIVE