【八戸市】道路より低くなっている土地の不動産売却について | 満足のいく不動産売却と理想の不動産購入を八戸エリアで仲介しております

【八戸市】道路より低くなっている土地の不動産売却について

query_builder 2021/11/13
ブログ
土地の写真

八戸市の不動産売却で、接面している道路より土地の方が低くなっている場合、

不動産売却自体は可能ですが、日照などの問題から一般的には売れづらい物件と言われます。


また、車社会である八戸市では必ず駐車場が必要になるため、車の乗り入れが

できるように道路の高さに合わせた駐車スペースを築造したり、盛土をするなど

元々道路とほとんど高低差が無いような土地に比べると、土地活用のために

購入者側で費用がかかることが予想されます。


このような道路より低い土地は「道下物件」と呼ばれ、売買価格は相場より

安めに設定しないと、不動産売却に時間がかかる可能性があります。


しかし、丘陵地のような周辺も高低差のある地形でひな壇のような地勢の場合、

日照はさほど問題にならないケースもありますし、二方道路で片面は道路が高く

もう片面は土地と道路に高低差が無い場合などもあります。


周辺の地形も含めてその土地がどう活きてくるかを判断すべきですので

一概に道下物件だからと不動産売却をあきらめず、お気軽にご相談くださいませ。

NEW

  • 八戸市中心部のポータルミュージアム「はっち」がライトアップ!

    query_builder 2021/12/08
  • 【八戸市】法人が売主の場合の不動産売却について

    query_builder 2021/12/07
  • 隣人への不動産売却について【八戸市】

    query_builder 2021/12/06
  • 【八戸市の不動産売却】境界杭が破損している場合について

    query_builder 2021/12/04
  • 【八戸市】増築して建蔽率オーバーしている物件の不動産売却について

    query_builder 2021/12/03

CATEGORY

ARCHIVE