査定でポイントとして見るところについて【八戸市の不動産売却】 | 満足のいく不動産売却と理想の不動産購入を八戸エリアで仲介しております

査定でポイントとして見るところについて【八戸市の不動産売却】

query_builder 2022/11/07
ブログ
査定のイメージイラスト

八戸市で家や土地を不動産売却したいと考えた場合、手順としてまずは

いくらくらいで売れるものかを確認するために不動産会社に不動産の

価格査定を依頼するのが一般的です。


では、不動産の査定で価格を検討するにあたり見られるポイントとは

どういったところなのでしょうか。

不動産査定で見るポイントについて

土地の査定のポイントについて

八戸市の不動産売却で、土地を査定するにあたり見るポイントは

まず面積、土地の形状、地勢、接道状況、周辺環境です。


例えば閑静な住宅街で200坪の土地など、住宅用地としては面積が

大きすぎる場合には、周辺環境的に店舗・事務所用地としての

需要は考えにくいため、分筆測量して住宅分譲用地とするなどの

需要が浮かびます。

すると、分筆測量にもお金がかかるため、買主の費用負担を考えると

相場の坪単価より少し下げないと「価格が高い」という印象になって

不動産売却に時間がかかることが想定されます。


また、八戸市では珍しくありませんが、道路整備や区画整理が

行われるよりも前からあるような昔ながらの住宅街にある土地は

水道管が他人の土地を通って配管されているケースがあります。

すると、水道管の引き直しが必要になったり、引き直しが難しい場合は

その状況のまま使用しなければならないケースもあり、購入者の

費用負担や建物配置計画の変更などが想定されます。

すると、やはり相場よりも坪単価を少し下げなければ不動産売却に

時間がかかる可能性が高くなります。


不動産は1件1件 条件が異なるため、基本のポイントの他に

総合的な判断をして価格査定を行います。

建物の査定のポイントについて

「友人の家と同じ築年数だから友人の家と同じ金額で売れる」

「知人の家と同じハウスメーカーで建てたから同じ金額で売れる」


査定の際に、たまにお客様にから伺うお言葉ですが、先に述べたように

不動産は1件1件 条件が異なるため、築年数が同じ隣同士の家でも

売却価格は同じとはなりません。


八戸市の不動産売却において、建物の査定で見るポイントとしては

土地のポイントに加えて、建物の築年数、リフォーム状況、建物の

傾きや設備等の不具合の有無などをもとに全体的に“使用状況”を

確認し、査定額を算出していきます。


建物は特に、人が住んでいない期間が長くなると傷みやすくなると

いわれています。購入者が買った後にどの程度リフォームや修理が

必要か、という費用負担の点を軸に売却査定価格を検討していきます。

まとめ

八戸市の不動産売却にあたり査定を複数の不動産会社に依頼すると

会社によって金額に差が出る場合があります。

その際には、査定価格の根拠まで確認しておくと、実際に売却しやすい

金額はどの査定価格なのかというのが見えてきやすくなります。


八戸市の不動産売却で査定などでお悩みのことがございましたら

お気軽にご相談ください。ご相談無料で対応いたしております。

NEW

  • 南部地方のおやつといえば!こびりっこ

    query_builder 2023/08/01
  • 地耐力について【八戸市の不動産売却】

    query_builder 2023/04/11
  • 庭木や庭石は誰のものかについて【八戸市の不動産売却】

    query_builder 2023/04/10
  • プレハブ物置も建築物の延べ床面積に算入されるか?について【八戸市の不動産売買】

    query_builder 2023/04/08
  • 日影規制は何のためにあるのかについて【八戸市の不動産売買】

    query_builder 2023/04/07

CATEGORY

ARCHIVE